Rホテルズはアジュマーンに新ホテル建設予定

スポンサードリンク

アジュマーンで拡大するRホテルズ

2015年7月19日、UAE首長国のアジュマーンを拠点とするRホールディング傘下のRホテルズは、4090万ドルを投じる新ホテル建設の構想を発表した。

Rホテルズはアジュマーンに新ホテル建設予定

建設予定地はRホテルズが経営するラマダーン・ビーチ・ホテル・アジュマーン近くで、オーシャンビューを売りにした宿泊施設に、レストラン、スパ、フィットネス、屋内プールなどのレジャー施設の建設を計画している。工事開始は2015年第3四半期、完成は2017年第1四半期を目指す。

旅行客誘致狙うアジュマーン

アジュマーンは面積約260平方キロメートル、人口約23万5000人で、最も小さい首長国である。しかしRホテルズでは、この地域で今後宿泊施設の需要が増大すると見ている。

Rホテルズ営業部長スメール・タリク氏は「アジュマーン旅行事業開発局(ATDD)は中国をはじめとした海外からの誘致に積極的ですし、当ホテルでも国内からの利用客に加えトルコ、ドイツ、オマーンやその他西ヨーロッパ地域からの旅行客が増えています。」(Rホテルズプレスリリースより)と語る。

Rホテルズでは新ホテルオープンから数年で利用客が増大すると予想している。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
Rホテルズ プレスリリース
http://www.rhotels.ae/en/25/media-centre/press-release/

スポンサードリンク