中東・湾岸諸国は、国内外の飲食関連企業による進出を後押し

スポンサードリンク

湾岸諸国は国内、国外の飲食関連企業に進出の機会を提供

金融のコンサルティング会社であるアルペン・キャピタル社は、7月16日、湾岸諸国の飲食産業について、昨今の動向を発表した。それによると、湾岸諸国は、国内、国外の様々な飲食関連企業に、進出の機会を与えていることがわかった。

また、食に関する消費者の好みや消費パターンが変化してきている。また、物事の見方や価値観がモダン化し、政府の取り組みにも影響を及ぼしている。

中東・湾岸諸国は、国内外の飲食関連企業による進出を後押し

新しく持ち込まれたコンセプトと伝統的な食文化が融合

アラブ首長国連邦の飲食産業では、食に関する新しいコンセプトがもたらされると、伝統的な食文化との融合が行われ、多国籍な食文化が形成されている。

湾岸諸国では、この12年間で人口や世帯収入が増えたことにより、食製品への様々なニーズが増えている。一例として、加工食品が注目され、需要が高まっている。このことにより、居住者の消費パターンが変化している。

UAEの消費財産業は2015年平均7.8%の成長率

調査会社であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット社によるレポートによると、2015年度におけるアラブ首長国連邦の消費財産業は年平均7.8%の成長率が見込まれている。

(画像はアルペン・キャピタル社のサイトより)

<外部リンク>
アルペン・キャピタル
http://www.alpencapital.com/index.html

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット
http://www.eiu.com/home.aspx

ZAWYA
https://www.zawya.com/

スポンサードリンク