ドーハ – マニラ1日2便化 カタール航空

スポンサードリンク

週8便から週14便に

ドーハ - マニラ1日2便化 カタール航空

カタール航空は7月5日、現在週8便で運航しているドーハ – マニラ線を10月26日から週14便に増便することを発表した。

増便分の運航曜日は月、火、水、木、金、土。運航時刻は8時30分にドーハを出発し22時15分にマニラに到着。マニラを23時59分にマニラを出発しドーハに翌5時5分に到着する。

5つ星サービスも1日2回に

ドーハ – マニラ線は現在エコノミークラスを356席、ビジネスクラスを24席有するボーイング777型機で運航している。

ビジネスクラスは、198センチの座席間隔を活用しフルフラット機構とマッサージ機構を備えたシートを設置しており、パジャマやフェラガモ製のアメニティーキットを揃えており、快適でリラックスできる空間を提供している。

カタール航空CEOは「ドーハ – マニラ線の増便は、両国の結びつきを更に強固にし、我々がその役目を担えて光栄だ。」と述べ「お客様は我が社自慢のおもてなしと、最先端のハマド国際空港を体感してもらいたい。」とも述べている。

カタール航空は6月16日に2015ワールドエアラインアワード式典にて3度目となるエアラインオブザイヤーを受賞している。

<外部リンク>
カタール航空プレスリリース
http://www.qatarairways.com/=pressrelease_

スポンサードリンク