本田技研、ナイジェリアでアコードの生産開始

スポンサードリンク

アフリカ初の四輪車生産工場を新設

本田技研工業は7月10日、ナイジェリアにおいて乗用セダン「Accord(アコード)」の生産を開始した。

ナイジェリアの現地法人である「ホンダオートモービル・ウエスタンアフリカ」に、アフリカにおける初の四輪車生産工場を新設し、アコードを年間1,000台生産する方針だ。

201507141315_Honda、ナイジェリアでアコードの生産開始

新成長市場としてアフリカでの拡販を狙う

本田技研工業がナイジェリアに進出したのは1980年。主に二輪車の生産・販売を行ってきた。その後2013年に、ナイジェリアで四輪車事業の現地法人を設立し、輸入・販売を展開している。

今回の新工場設立は、「需要のあるところで生産する」という本田技研工業の経営方針に基づいたもので、市場拡大が期待できるアフリカ西部のナイジェリアにて、現地生産を行う。

本田技研工業はアフリカを新成長市場と位置付けており、主な拠点として2000年に南アフリカに現地法人を設立。またアフリカ東部では、2011年にケニアに販売事務所を開設している。

本田技研工業の取締役 専務執行役員・山根庸史氏は今回の四輪車生産開始について、
アフリカ初の四輪車生産工場の設立は、とても画期的なチャレンジだと考えています
と述べたうえで、
今回の取り組みが、今後のナイジェリアにおけるさらなる飛躍と、アフリカ全体への拡大に向けた第一歩となることを期待します
と抱負を語っている。

(画像は、Hondaのホームページより)

<外部リンク>
本田技研工業株式会社のニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2015/c150713.html

スポンサードリンク