アブダビ国際空港、環境認定を受ける

スポンサードリンク

最高認定レベルを取得

アブダビ国際空港、環境認定を受ける
アブダビ国際空港は2015年7月5日、二酸化炭素の排出量をマネジメントする取り組みが認められACI(国際空港評議会)の空港の二酸化炭素排出の取り組みを評価する機関から「マッピング」の認定レベルを取得した。

認定レベルは4段階で上から順に「マッピング(排出量の把握)」、「削減」、「最適化」、「カーボンニュートラル」に分類される。

世界中の空港建設の指標となるか

2011年にアブダビ国際空港は中東、北アフリカ地域では初となる認定をACIの機関から認定された。この認定はヨーロッパ以外の地域での初認定でもあった。

2013年には取り組みの中でのレベルを維持する為に内容を更新。2015年は空港内の直接運用境界内の年間の炭素排出量を計算し、排出源を分布図化して特定したレポートを提出し認定された。

アフマド・アル・ハダディアブダビ空港COOは会見の中で「環境影響の効果は直接アブダビ国際空港の運用効率に直結しており、地域や世界の環境に前向きな効果を与えるために温室効果ガス削減に取り組む。」とコメントしている。

アブダビ国際空港はアラブ首長国連邦で最大のインフラ事業の一つである新しいミッドフィールドターミナルを建設する計画でこの取り組みを重視している。

<外部リンク>
アブダビ国際空港プレスリリース
http://www.adac.ae/english/media-centre/Abu-Dhabi

スポンサードリンク