南アフリカの通信会社MTNグループが電子決済サービスを導入

スポンサードリンク

南アフリカで携帯端末での金融サービスが開始

エリクソン社は、6月30日、MTN・スワズィランド社が携帯端末を通して電子決済をできるサービスを開始することを発表した。この決済システムは、エリクソン社のものを導入する。

MTN・スワズィランド社の顧客である、約275,000人以上の個人ユーザーと、3,000以上の企業がこのサービスを利用できるようになる。

南アフリカの通信会社MTNグループが電子決済サービスを導入

銀行にアクセスしやすくなる

MTN・スワズィランド社の最高経営責任者であるデラミ二氏は、次のように語る。今回のエリクソン社との携帯端末における電子決済についての業務提携で、地域の銀行と、未だ銀行を使用してないユーザーとの間の橋渡しになり、金融サービスの利便性を活かすことができるようになる。

また、安全性について、同氏は次のように語る。
携帯端末における電子決済では、様々な金融商品やプリペイドをベースにしたサービスを提供する。また、これらを行う上での安定性や安全性は十分に確立している。

MTN・スワズィランド社について

MTNグループは南アフリカ共和国の企業で、通信サービスを取り扱う。1994年に設立され、中東やアフリカの国々にサービスを提供する。MTN・スワズィランド社は、MTNグループの子会社で、1998年に設立された。

<外部リンク>
MTN・スワズィランド社
http://www.mtn.co.sz/

エリクソン プレスリリース
http://www.ericsson.com/thecompany/press/releases/2015/06/1932553

スポンサードリンク