コートジボワールに50億3,800万円の無償資金協力

スポンサードリンク

「日本・コートジボワール友好交差点」を立体交差化

コートジボワール共和国の交通インフラの発展を目的に、50億3,800万円の無償資金協力が行われる。

現地時間6月25日、コートジボワール共和国のアビジャン市において、川村裕駐コートジボワール共和国大使とシャルル・コフィ・ディビ国務・外務大臣との間で、無償資金協力に関する書簡の交換が行われた。

この資金協力は、アビジャン市内において、渋滞の原因となっている「日本・コートジボワール友好交差点」を立体交差化するために活用される。

コートジボワールに50億3,800万円の無償資金協力

国際回廊上に位置する、流通のボトルネック

コートジボワール政府は「アビジャン都市開発計画」を策定し、幹線道路網および大量輸送公共交通網の整備による都市交通機能の改善を掲げている。

「日本・コートジボワール友好交差点」はラゴス-アビジャン回廊などの国際回廊上に位置し、市の中心部とアビジャン港、空港とを結ぶ幹線道路の交差点にある。立体交差化はコートジボワール都市開発計画の趣旨にも合致するため、政策の促進にも寄与すると期待されている。

事業化に当たってはODAの「大アビジャン圏都市整備計画策定プロジェクト」において、国際回廊の分析を行うとともに、都市整備開発のための基本計画を策定した。

計画のなかで立体交差化は、優先事項の一つとなっている。また、2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議「横浜行動計画」にて示された、「成長回廊整備」を具体化するものでもある。

(画像は、外務省のホームページより)

<外部リンク>
外務省の報道発表資料
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_002244.html

スポンサードリンク