サウジアラビア国有海運会社、韓国の現代湖重工業から計10隻のタンカー購入

スポンサードリンク

Bahriは現代三湖からVLCC10隻を購入

サウジアラビア国有海運会社(Bahri)は、2015年7月1日、原油輸送を目的とした30万トンタンカー(VLCC)5隻の購入について韓国の造船企業である現代湖重工業と契約したことを発表した。

Bahriは5月24日にもVLCC5隻を現代三湖から購入することを発表していたが、これで計10台の購入となる。

Bahriは計10台のVLLC購入

VLCCは最新技術により設計され、環境への配慮やエネルギー効率の点でも優れたものとなる。5月の段階では2017年完成を目指していたが、10台すべての完成は2017~2018年となるだろう。

注目される今後の石油輸出先

中東からアジアへの航路ではシンガポール海峡か、より南に位置するロンボク海峡を経由することになる。シンガポール海峡は難所として有名で、安全上の問題から30万トン以上のタンカーが通ることは難しい。一方でロンボク海峡を経由するとなると日数が余分にかかる。

2015年5月時点でロシアから中国への原油輸出量がサウジアラビアを抜いた。さらに2015年に入ってからブラジルの供給量も増加傾向にある。今後のアジア向け原油販売の動向が注目される。

(画像はBahri公式サイトより)

<外部リンク>
Bahri公式サイト
http://www.bahri.sa/home

スポンサードリンク