UAEの技術者を招き、石油・ガスプラント計装制御システムの研修を実施

スポンサードリンク

JOGMEC、4回目の研修事業を実施

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は6月25日、アラブ首長国連邦(UAE)の技術者を招いて研修事業を行ったと発表した。

2013年にJOGMECと、UAEのアブダビ国営石油会社との間で交わした「石油・天然ガス分野における技術協力に関する覚書」に基づいて行われる研修事業で、今回で4回目となる。

研修事業ではUAEの石油・ガス関連技術者10名を日本に招き、「石油・ガスプラントの計装制御システムコース」の研修などを実施した。

UAEの技術者を招き、石油・ガスプラント計装制御システムの研修を実施

知識を現場にフィードバックできるよう実習にも注力

研修は、エンジニアリング技術のオペレーション、メンテナンス、石油精製などの講義や実習を通じて、石油、ガス、石油精製の業界における幅広い知識と、最新技術の習得を目的としたもの。

日本人専門家による座学での講義に加えて、計装メーカーの実験施設や工場にて実地研修を行い、知識を現場で活用できるようにカリキュラムが組まれている。

この他、日本文化への理解を深めてもらうために、日本語教室や折り紙体験等も実施した。
 
研修に参加した10名の研修生は、技術に関する講義や日本文化を理解する体験を通じて日本への理解が深まったと感想を述べている。

(画像はニュースリリースより)

<外部リンク>
独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構のニュースリリース
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_10_000220.html

スポンサードリンク