鉄道網建設進めるドーハ、アルカディスが駅デザイン等委託される

スポンサードリンク

ドーハで進む鉄道網建設

設計・コンサルティング企業のアルカディスは、2015年6月23日、カタールのドーハにおけるゴールド・ライン・メトロのデザイン・建設支援・コンサルティングを委託されたと発表した。ドーハではレッド・ライン・サウス・メトロに続く鉄道建設となる。

鉄道網建設進めるドーハ、アルカディスは駅デザイン

アルカディスによる総工費はおよそ2250万ドルを見込む。プロジェクトはカタール鉄道会社のもとで進められる。

354キロメートルにわたる鉄道網

ドーハでは計354キロメートルになる鉄道網の構築を目指す。計画の第一段階ではゴールド・ラインを含め4本の路線が作られる。最長となるドーハ・メトロはドーハを東西へ横断する予定だ。

プロジェクトは36億ドルをかけ行われる。32キロメートルにわたるトンネル工事に、13の地下駅建設が予定され、これらの駅には最先端のMEP(機械・電気・配管)システムが導入されることになる。

アルカディスは今月から同プロジェクトに取り掛かる。まず13ある地下駅のうち10のデザインを行う。アルカディスは駅の周辺まで含めたデザインを行う。残る3駅については別口であるが、アルカディスが担当することになるだろう。

(画像は、アルカディス公式サイトより)

<外部リンク>
アルカディス プレスリリース
http://www.arcadis-us.com/press/ARCADIS

スポンサードリンク