フランスの織物機械連盟、イランでセミナーを開催

スポンサードリンク

イランの織物産業の主要都市でセミナーが開催

フランス織物機械連盟(以下、UCMTF)は、イランの織物の主要都市である、テヘラン、イスファハン、カーシャーン、ヤズドの4つの都市で織物機械に関するセミナーを開催した。

イラン国内の織物製造会社は、織物機械における新しい技術に興味津々だ。

フランスの織物機械連盟、イランでセミナーを開催

経済制裁下の状況において、できる限りのサポート

イラン織物産業連盟の代表であるラエイザデフ氏は、「イランにおける不遇の時代に、UCMTFは、イラン国内の織物製造業者のためにできる限りのことをしてくれている。この恩と友情はこの先不遇の時代に終焉を迎えようとも決して忘れない。」と語る。

イランが国際社会からの経済制裁が科された後も、フランスの織物機械業者はイラン国内の顧客向けに製品を販売し、必要に応じカスタマーサポートも行っている。

発展し続けるイランの織物産業

UCMTFは、「イランは、世界トップレベルの織物とカーペットを製造する国である。それ故に、新しい織物技術に投資し続ける必要がある。また、イラン国内の織物製造会社もそうしたいと考えており、様々な計画を練っている。」と語る。

このセミナーでは、イラン織物産業連盟とフランス織物機械連盟との間で、長期にわたるサポートを記した契約も締結された。

(画像は、フランス織物機械連盟の公式サイトより)

<外部リンク>
イラン織物産業連盟
http://www.nasajinews.com/

フランスの織物機械連盟
http://www.ucmtf.fr/en/

Fiber2Fashion
http://www.fibre2fashion.com/

スポンサードリンク