太陽光発電向けの変電所を拡大するドバイ

スポンサードリンク

ABBグループはドバイで変電所拡張工事

ABBグループは、2015年6月17日、DEWA(ドバイ水・電力事業部)から2000万ドル規模の事業を請け負ったことを発表した。2014年に同グループがドバイに建設した変電所の拡大工事となる。

太陽光発電向けの変電所を拡大するドバイ

ABBグループはスイスに本社を置く多国籍企業で、電力技術・オートメーション技術を事業の柱とする。電力技術部門では送電・配電をはじめ発電所に関するシステムとサービスを提供、オートメーション技術部門では工業分野における自動化システムに関する各種製品・サービスの提供を行う。

2014年にABBグループが建設した変電所は100メガワットまで管理するものだったが、このたびの拡張工事で200メガワットまでの拡大を行う。

太陽光発電に力を入れるドバイ

変電所は同地域における太陽光発電による電力を統合するもので、4.5平方キロメートルの面積をもち、3万世帯13万人に向け電力供給を行うことになる。

アラブ首長国連邦では化石燃料使用による温室効果ガス排出が年間およそ25万トンで、政府は化石燃料依存からの脱却を目指している。

ドバイは2030年に向けたエネルギー戦略において、総発電量のに占める新エネルギーの割合を2020年で7%、2030年で15%まで引き上げることを目指す。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
ABBグループ プレスリリース
http://www.abb.com/cawp/seitp202

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)