バーレーン初のゲーム開発会社、ゲーム配信開始

スポンサードリンク

ガーディアンズ・オブ・バロー配信開始

バーレーン初のゲーム開発会社エンパイア・スタジオは、2015年6月14日、自身初となるアンドロイド端末向けゲーム「ガーディアンズ・オブ・バロー」の配信を発表した。

バーレーン初のゲーム開発会社、ゲーム配信開始

ガーディアンズ・オブ・バローは、古代バビロン・メソポタミアをはじめとしたバーレーンを取り巻く地域を背景としたタワーディフェンスゲームだ。

ストーリーは、遠い昔に忘れ去られた伝説の精霊がアラビアに蘇ろうとするところから始まる。精霊は人間を狂気に追いやり互いに争わせ、現在の世界支配を目論む。プレイヤーは10人の主人公から1人を選び邪悪な精霊を退け、国を守ることになる。

バーレーンのゲーム業界の先駆け

エンパイア・スタジオが設立されたのは2013年7月のこと。同社は2014年2月にガーディアンズ・オブ・バローの制作に取り掛かった。

最高経営責任のアリ・ビン・カーリッド・アル・カリファ氏は、
「バーレーンのゲーム開発分野の先駆けとして、このゲームを配信できることを誇りに思います。バーレーンをはじめアラブ諸国、そして世界中の人たちにゲームをプレイしてもらいたいです。」(エンパイア・スタジオ プレスリリースより)
と語った。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
エンパイア・スタジオ プレスリリース
http://empirestudios.bh/?p=257

mob.org ガーディアンズ・オブ・バロー ダウンロードページ
http://play.mob.gr.jp/game/guardians_of_valor.html

スポンサードリンク