三井造船、トルコ共和国の海運会社にクレーン20基を納入

スポンサードリンク

三井造船は6月15日、トルコ共和国のYilport Container Terminal and Port Operators Inc.(Yilport)が購入した港湾用コンテナクレーン、20基の納品を行ったと発表した。

トルコ共和国は、新興国の中でも成長が著しく、アジアとヨーロッパ諸国の橋渡し役を担う重要な拠点として注目されている。

急速な経済発展に伴い物流量が急増しており、港湾のコンテナ処理能力の拡大が急務となっている。また、超大型コンテナ船に対応できる岸壁用コンテナクレーンの整備も急がれている。

三井造船、トルコ共和国の海運会社にクレーン20基を納入

そこでYilport社は、親会社で石炭、鉄鉱石、肥料などの貿易、海運業などを手がけるYildirim Holding Inc.(Yildirim)などとともに、トルコ共和国西部のゲムリック港の新設およびゲブゼ港の拡張を計画。三井造船から港湾用コンテナクレーンの購入を決定した。

今回三井造船が納品したのは、ゲブゼターミナルで使用する岸壁用コンテナクレーン4基、ヤード用コンテナクレーン3基。ゲムリックターミナルで使用する岸壁用コンテナクレーン4基、ヤード用コンテナクレーン7基。ゲムポートターミナルで使用するヤード用コンテナクレーン2基の計20基。

岸壁用コンテナクレーンは23列の大型コンテナ船に対応しており、各ターミナルで荷役効率の向上が期待できる。

日本の金融機関の融資を活用し、販路拡大を目指す

また資金調達面では、国際協力銀行と三井住友銀行の協調融資によるバイヤーズ・クレジットを活用し、三井造船がYilportと金融機関の仲介を行った。

三井造船は今後も、日本の金融機関の輸出金融による融資を活用した提案型オファーを積極的に展開し、クレーンの受注増を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
三井造船株式会社のプレスリリース
http://www.mes.co.jp/press/2015/20150615.html

JBIC 国際協力銀行
https://www.jbic.go.jp/ja/information/press/

スポンサードリンク