豊田通商、カメルーンでマキタ製品の拡販事業を開始

スポンサードリンク

仏CFAO社と共同でカメルーンの電動工具市場に進出

豊田通商は6月15日、マキタの海外現地法人であるMakita Africa s.a.r.l.a.u.(マキタアフリカ)との間で総代理店契約を結び、カメルーンでのマキタ製・電動工具品の販売拡大を目指す。

今後は仏商社CFAOの子会社で、豊田通商が97.4%出資しているCFAO Equipment Cameroon社とともに、カメルーンを中心にマキタ製品の総代理店事業を展開する。

代理店事業では、マキタ製品および部品の輸出業務を豊田通商が行い、市場開拓・販売をCFAO Equipment Cameroon社が担当する。

これに伴い、現地時間6月11日、カメルーン最大の都市ドゥアラ市に、ショールームとサービスセンターを開業した。

豊田通商、カメルーンでマキタ製品の拡販事業を開始

アフリカ電動工具市場の大幅な伸展を見込む

現在、カメルーンの電動工具市場は欧州メーカーが大きなシェアを占めている。

急速な経済成長で注目されているカメルーンでは、電動工具市場も大きく伸びると期待されるため、日本のマキタも市場に参入し、製品販売をスタートさせる。

カメルーン市場に合わせた製品のラインナップ展開に加え、サービスセンターを設けることで故障対策や部品交換などのアフターサービスにも万全を期す。

CFAOは中・西部アフリカに強固なネットワークを持っている。カメルーン市場への参入を足がかりに、今後はアフリカ全体での事業拡大を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
豊田通商株式会社のプレスリリース
http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/150615_002839.html

スポンサードリンク