アルミニウムの生産拡大目指すバーレーン

スポンサードリンク

Albaはアルミニウム生産ライン拡張

世界トップクラスのキャパシティーを誇るバーレーンの国営アルミ精錬企業Alba(アルミニウム・バーレーン)、2016年6月10日、新たに生産ラインを拡張する「第6次拡張計画」を発表した。完成すれば同社最大の生産ラインになるとのことである。

アルミニウムの生産拡大目指すバーレーン

第6次拡張計画は2019年初頭に開始されることが予定されている。この拡張により年間生産量は51万4000トン増加し、およそ145万トンにのぼる。

アルミ生産に注力するバーレーン

バーレーンはペルシア湾のバーレーン島とその周囲33の島群からなる。GDPの約30%が石油関連事業によるものだが、近年石油の枯渇が問題視されるようになったことから、アルミ精製をはじめ新規事業を積極的に展開している。

特にバーレーン政府は新たな輸出製品としてアルミ製品を有力視しており、その産業育成に力を入れている。

Albaの第6次拡張計画はバーレーン最大の事業計画の一つで、バーレーンの経済や新たな雇用創出に大きな影響を与えることが期待されている。新たに生産されるアルミニウムの少なくとも50%が国内の加工業者に卸され予定だ。

第6次拡張計画を通してAlbaはアルミニウム精錬企業として世界最大手となるだろう。また、中東におけるアルミニウム生産の中心としてバーレーンが勢力を拡大することも相応に難くない。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
Alba プレスリリース
http://www.albasmelter.com/mc/News/Pages/2015

スポンサードリンク