エア・アラビアはパキスタンに新航路

スポンサードリンク

エア・アラブは新航路にファイサラーバード

エア・アラビアは、2015年6月1日、パキスタンへの航路の一つにファイサラーバードが新たに加わることを発表した。

エア・アラビアはパキスタンに新航路

ファイサラーバードへの就航は10月を予定している。現在エア・アラビアが運航しているアラブ首長国連邦からパキスタンに向かう便にはイスラマバード、カラチ、ラホール、ムルターン、ペシャワール、クエッタ、スィアールートがある。

エア・アラビア取締役員のアデル・アブドラ・アリ氏は

「アラブ首長国連邦在住の100万人を超えるパキスタン人の方々にとって、2国間をつなぐ質と価格を備えた移動手段を求める声年々大きくなっている。」(エア・アラビア プレスリリースより)

と述べた。

結びつき強めるパキスタンとアラブ首長国連邦

ファイサラーバードは200万人以上の人口を持つパキスタン第三の都市で、工業・製造業の集積地だ。エア・アラビアのファイサラーバード就航により、アラブ首長国連邦とパキスタンは文化的・経済的に結びつきを強め、同社の顧客にとっても足を運びやすい地域となる。

ファイサラーバードへの航路は2015年10月25日に運行が開始される見通しだ。

飛行機はシャールジャ国際空港を火・水・木曜日の午後11時5分に出発し、翌朝3時にパキスタンに到着する。また同飛行機は到着した日の午前3時40分にファイサラーバード国際空港を出発し、午前6時15分にアラブ首長国連邦に戻る。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
エア・アラビア プレスリリース
http://www.airarabia.com/en/faisalabad-joins-air-arabia

スポンサードリンク