中国企業、コンゴ民主共和国のカモア銅山採掘プロジェクトに参入

スポンサードリンク

中国のジジングループが採掘権利を取得

中国のジジングループ(Zijin Mining Group Co.,Ltd)は、カナダに本社を置くアイバンホー・マインズ(Ivanhoe Mines Ltd.)の株のうち49.5%を約412ミリオンドルで取得した。

アイバンホー・マインズは、コンゴ民主共和国にある世界最大級のカモア銅山における採掘プロジェクトのシェアを95%保有する。シジングループは、アイバンホー・マインズと共同で、同銅山の採掘を行うことになる。

中国企業、コンゴ民主共和国のカモア銅山採掘プロジェクトに参入

カモア銅山採掘プロジェクトとは?

カモア銅山採掘プロジェクト(Kamoa Copper Project)は、コンゴ民主共和国のカタンガ州のコウェジ地区で行われている。2014年7月にアイバンホー・マインズによって開始された銅採掘プロジェクトである。カモア銅山は最も高品質な銅を保有していることで知られている。

マイニングセクターは買い時

中国のジジングループの経営幹部は、「今はマイニングセクターの株価が下がっているので、海外の資産として購入するにはベストなタイミングである」と語る。

カナダ・トロントにあるバリック・ゴールド・コーポレーションも取得。パプアニューギニアの鉱山の採掘も進める。

(画像は、サイトより)
<外部リンク>
Zijin Mining Group
http://www.zijinmining.com

Ivanhoe Mine
http://www.ivanhoemines.com

Market Wired
http://www.einpresswire.com

MiningTechnology.com
http://www.mining-technology.com

スポンサードリンク