ベルックスグループがアフリカ3か国にソーラーランプを販売

スポンサードリンク

NGOのプラグラムで電気のない地域の活性化を

デンマークの大手窓メーカーのベルックスグループは現地時間5月11日、ソーシャルビジネスのLittle Sunとともに、ジンバブエ、ザンビア、セネガルの3か国にソーラーランプを流通させる目的で、NGOのプラン・インターナショナルと協力すると発表した。

これにより、地域社会の活性化と社会参加を促すプログラムを通じて、電気のない地域に暮らす人々に持続可能なソーラーランプが届けられる。

ベルックスグループがアフリカ3か国にソーラーランプを販売

資金がなくてもランプの販売が始められるシステム

昨年ベルックスグループとLittle Sunは、新しいソーラーランプ「ナチュラルライト」の国際デザインコンテストを共同開催した。コンテンストに受賞したデザインに基づいて1万4,500個のナチュラルライトランプを生産し、2015年後半から2016年初旬ににかけて、アフリカ3か国にプラン・インターナショナルが販売を行う予定だ。

現地での流通モデルは、少額融資と似たようなコンセプトで実施される。定収入や担保がないために通常の条件では融資を受けられない小規模な現地企業家でも、事業が始められるモデルだ。

資金のない起業家でも販売業務が行えるよう、まず無料でナチュラルライトランプの在庫を渡す。この在庫を販売できれば利益が確保でき、新たなランプを追加購入する資金も得られる。

(画像は、VELUXのホームページより)

<外部リンク>
ベルックスグループのプレスリリース
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201505110045/

Natural Light – VELUX
http://www.velux.com/daylight/natural_light

スポンサードリンク