サウジアラビアの皇太子・副皇太子が新たに指名

スポンサードリンク

近親者を中心に権力基盤を固める

1月下旬に即位したサウジアラビアのサルマン国王(79)はアブドラ前国王派を遠ざけている。皇太子だったムクリン皇太子(69)を解任させ、副皇太子だったサルマン国王の甥にあたるムハンマド内相(55)が新しく皇太子になった。

さらにサルマン国王の息子であるムハンマド国防相を副皇太子に指名し、権力基盤を近親者中心に固めている。

サウジアラビアは親米国家だがアブドラ前国王はオバマ政権の融和的な中東政策に不信感を示しており、サルマン国王もアメリカに頼らない自主防衛へ体制を整え始めている。4月29日のアラブ連盟首脳国会議ではアラブ合同軍を創設すると発表した。

今回の変革も外交や安全保安上の課題に対処するためのものだと考えられる。

サウジアラビアの皇太子・副皇太子が新たに指名

オイルマネーで潤沢な軍事資金を得るサウジアラビア

中東地域ではイスラム教国対ユダヤ・キリスト教国、イスラム教スンニ派対イスラム教シーア派が主な対立軸。

特にスンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランの対立は著しく、この対立がシリアやイエメンにも広がっている。サウジアラビアにとって安全保障を確保することは必要。

石油によりサウジアラビアは多くの軍事費を確保でき、中東地域に大きな影響力を持っている。2014年のサウジアラビアの軍事費は808億ドルで世界第4位、日本の2倍近い。前年に比べて17%増え、軍事費の対GDP比も10%を超えている。

サウジアラビアとイランの対立は今後直接的な衝突へと発展する可能性がある。核兵器についても先日イランと欧米諸国との間で大筋合意が得られたが、秘密裏に開発される可能性などもあり安心は出来ない。イランが核兵器を持てばサウジアラビアも持とうとする可能性が高い。今後の中東情勢はサウジアラビアとイラン両国の動向に大きく影響を受けていくと考えられる。

<外部リンク>
サウジアラビア
http://ja.wikipedia.org/

スポンサードリンク