1バーディ10円を寄付!「ゴルフ菜園プロジェクト」

スポンサードリンク

ゴルフを楽しみながら、アフリカの菜園づくりを支援

ゴルフダイジェスト・オンラインは3月29日、アフリカの菜園づくりを支援する「ゴルフ菜園プロジェクト」を実施すると発表した。ゴルフのスコアに応じて、ゴルフダイジェスト・オンラインの負担で寄付を行うプロジェクトである。

ゴルフダイジェスト・オンラインは、スコアをスマートフォンやパソコンなどから管理・分析できるウェブサービス「GDOスコア管理」の運営を行っている。

1バーディ10円を寄付!「ゴルフ菜園プロジェクト」

バーディ、イーグルなど高スコアを目指そう!

「ゴルフ菜園プロジェクト」はGDOスコア管理の利用者が、ゴルフプレーでバーディ、イーグル、アルバトロス、ホールインワンを出してGDOスコア管理にカウントするごとに、ゴルフダイジェスト・オンラインが寄付を行うというもの。

寄付金は1バーディ10円 1イーグル20円、1アルバトロス30円、1ホールインワン30円。1つの菜園を作るのに必要な資金は、15万円とのことだ。

2016年3月31日現在、集まった寄付金の総額は4万5,320円。ゴルフダイジェスト・オンラインの代表取締役社長 石坂信也氏は、
バーディ、イーグル、ホールインワンなどの好プレーに応じて、開発途上国に菜園を作るための農業支援をサポートすることができます
(プレスリリースより)

と述べており、参加を呼びかけている。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインのプレスリリース
http://company.golfdigest.co.jp/news_press

スポンサードリンク