住友ゴム工業、南アフリカ工場の生産体制を強化

スポンサードリンク

1日1万本ペースでトラックとバス用タイヤを製造

住友ゴム工業は3月24日、アフリカでのタイヤ生産体制の強化を図るため、南アフリカ工場でトラック・バス用タイヤの製造設備を新設すると発表した。

生産能力は1日に1万本となる見込みで、2018年7月の稼働開始を目指す。

住友ゴム工業はこれまで、南アフリカ共和国のクワズール・ナタール州の南アフリカ工場で、乗用車とライトトラック用のタイヤの製造を行ってきた。

しかし近年、アフリカの急速な経済成長によって、タイヤ需要も拡大を続けている。

住友ゴム工業、南アフリカ工場の生産体制を強化

現地生産による安定供給で、アフリカ市場に対応

住友ゴム工業はタイヤ需要の急伸に対応するため、2014年に高性能タイヤなどの生産能力の増強と品質向上を目標に、11億ランド(1ランドを7.3円で、約80億円)の投資を行う計画を掲げている。

今回、さらにトラック・バス用タイヤの製造設備を新設するために、9.1億ランド(1ランドを7.3円で、約66億円)の追加投資を行う。

これまで輸入販売を行っていたトラック・バス用タイヤの現地生産を行うことで、アフリカでの安定供給が可能となる。

住友ゴム工業は今回の追加投資により、
アフリカ市場におけるタイヤ販売事業の一層の強化を図る
(プレスリリースより)

と述べており、グローバル展開を加速させる方針だ。

(画像は、住友ゴム工業のホームページより)

<外部リンク>
住友ゴム工業株式会社のプレスリリース
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease.html

スポンサードリンク