伊藤忠、オマーン最大の海水淡水化設備を受注

スポンサードリンク

伊藤忠、3億ドルで飲用水用の海水淡水化設備を受注

伊藤忠商事は3月2日、オマーン最大規模の海水淡水化事業契約に合意したと発表した。総事業費は約3億ドルで、2018年4月の稼働を目指す。

伊藤忠商事を筆頭株主となって、フランスの大手水事業会社スエズ・エンバイロメントなどと2016年1月に設立したバルカ・デサリネーション・カンパニーが、オマーン政府傘下のオマーン電力・水公社と契約を結ぶもの。

オマーン電力・水公社がオマーン北部のバルカにて推進する、日量28万1,000立方米の海水淡水化事業の契約に合意した。

伊藤忠、オマーン最大の海水淡水化設備を受注

建設から20年間の運用まで一括受注

今回契約を行ったプロジェクトは、建設から運営まで一括して請け負う官民連携型のBOO事業。逆浸透膜(RO膜)方式の海水淡水化設備と、周辺設備の建設及び20年間の運営を行う予定だ。

オマーンを含む中東湾岸諸国では近年、人口増加や都市化に伴って、飲用水不足が問題となっている。オマーンでも今後、水需要が年間約6%成長すると予測されており、今回の海水淡水化事業は、オマーン国内における水の安定供給に貢献するビッグプロジェクトとなる。

伊藤忠商事は、世界的な人口増加や経済成長、地球温暖化などによる水需要の高まりを背景に、水ビジネスを重点分野に位置づけている。今後も中東地域をはじめ世界各地域にて、海水淡水化や上下水事業などを積極的に進めていく方針だ。

(画像は、伊藤忠商事のホームページより)

<外部リンク>
伊藤忠商事株式会社のプレスリリース
http://www.itochu.co.jp/ja/news.html

スポンサードリンク