ジャパン・プラットフォーム(JPF)、イエメンへの寄付金を募集

スポンサードリンク

内戦続くイエメンの人道危機を支援

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)は12月15日、人道危機が深刻化しているイエメンにおいて、「イエメン人道危機対応」プログラムとして現地での本格的な支援活動を実施するとともに、民間からの寄付金を募集すると発表した。

イエメンでは2015年3月の紛争発生以降、政府側と反政府側の武装勢力が戦闘を繰り広げており、人道危機の深刻化が問題となっている。

JPFはイエメン人道危機に対応するためのプログラムを立ち上げ、現地調査した結果、イエメン国内及びジブチでの国内避難民/難民のニーズから最も必要とされている、食糧及び生活必需品の配布を中心とした緊急人道支援プログラム「イエメン人道危機対応」の実施を決定した。

JPF、イエメンへの寄付金を募集

支援金の振込先

「イエメン人道危機対応」への支援金の振込先は以下のとおり。
銀行名:三菱東京UFJ銀行
支店名:本店
口座種類:普通
口座番号:0667801
口座名義:特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ:トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
(プレスリリースより)

なお、振込手数料は自己負担でお願いしたいとのことだ。

JPFは日本の緊急人道支援を新たな取り組みとして設置された、中間支援団体。NGO・経済界・政府などが連携し、国内外の緊急支援を目的に、日本のJPF加盟NGOをサポートしている。

(画像は、JPFのホームページより)

<外部リンク>
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームのプレスリリース
http://www.japanplatform.org/info/2015/12/161411.html

スポンサードリンク