JAソーラー、ジンバブエの太陽光発電所用100MWの太陽光発電モジュールを受注

スポンサードリンク

China MCC17 Groupに1億7900万米ドルで納入

JAソーラー・ホールディングス(以下「JAソーラー」)は12月9日、ジンバブエの太陽光発電プロジェクトに関する契約を締結したと発表した。

このプロジェクトは地上設置型の太陽光発電3施設を開発するもので、総出力は300メガワット。2016年末ないし2017年初旬に着工し、2017年末までに完成する予定だ。

JAソーラーはプロジェクトの請負会社の1つであるChina MCC17 Groupに、1施設分となる100メガワットの太陽光発電モジュールを1億7900万米ドルで納入する。

JAソーラー、ジンバブエの太陽光発電所用100MWの太陽光発電モジュールを受注

ジンバブエは、深刻な電力不足の解消が喫緊の課題

ジンバブエは深刻な電力不足に陥っており、現在、国内電力の大半を大型火力発電所1か所、小型火力発電所3か所、水力発電所1か所に頼っている。

しかし、電力需要を満たすには及ばず、これに鉱山会社の過度の電力消費が加わり、各都市で広域停電が起こっている。

JAソーラーのジアン・シエ社長は
ジンバブエのプロジェクトに対するPVモジュール供給契約締結は、JAソーラーにジンバブエとの強力な関係を打ち立てる機会を与えるばかりか、ほかのアフリカ諸国との関係を進展させるどだいの構築にも役立つ
(プレスリリースより)

と語った。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
JA Solar Holdings Co., Ltd.のプレスリリース
http://prw.kyodonews.jp/opn/release

JA Solar Holdings Co., Ltd.のプレスリリース(英文)
http://investors.jasolar.com/phoenix.zhtml

スポンサードリンク