三菱ふそうがイランで商用車販売

スポンサードリンク

イラン市場の活性化にらむ

2016年1月26日、神奈川県川崎市に本社を置く三菱ふそうトラック・バス株式会社はダイムラー・トラック販売戦略の一環としてイラン市場に参入することを発表した。

三菱ふそうがイランで商用車販売

イランへの経済制裁は2010年から行われてきたが、同国の経済規模は現在においても中東第3位で、2014年度GDPは3600億ドル。イラン関係省庁の試算では3~5年以内の車両買い替え需要は約3万台にのぼるという。

今後の中東情勢に注目

イラン市場への参入は経済制裁解除後の同国における商用車需要を見込んだもので、三菱ふそうは2016年内にイラン国内で小型トラック『キャンター』の販売開始を目指す。現地販売代理店はドバイに本社を置く中東大手架装メーカーのマムートグループ傘下のマヤン社となる。

さらにダイムラー・トラックは2016年第1四半期内にメルセデス・ベンツとFUSOブランドを扱う現地事務所の開設を計画する。

ダイムラーは1953年からイランにおいて乗用車・商用車の販売に関わっていたが、制裁前では年間約1万台の販売実績があり、その多くが商用車だったということで、三菱ふそうでは今後のイラン市場における需要に期待を寄せる。

(画像は三菱ふそうトラック・バス株式会社HPより)

<外部リンク>
三菱ふそうトラック・バス株式会社 プレスリリース
http://www.mitsubishi-fuso.com/

スポンサードリンク