ヤマハ発動機がセネガルへFRPボートの技術を提供

スポンサードリンク

JICAのBOPビジネス助成事業に採択

ヤマハ発動機は2月10日、国際協力機構(JICA)の2015年度「第1回協力準備調査(BOPビジネス連携促進)」に採択されたと発表した。

「協力準備調査(BOPビジネス連携促進)」は、日本企業の開発途上国を対象としたBOPビジネスの促進を目的に、貧困や飢餓などの社会課題を解決するためのBOPビジネス構築のための調査や情報収集のための費用として、上限5,000万円を支援するもの。

今回採択された案件は、セネガルで行われる「FRP(ガラス繊維強化プラスチック)船製造・販売事業準備調査」で、ヤマハ発動機がセネガルにFRP造船技術を提供し、現地でFRP漁船の製造・販売を行うために実施する調査である。

ヤマハ発動機がセネガルへFRPボートの技術を提供

現在セネガルでは零細漁民が木造漁船を用いた漁業を営んでいるが、課題となっているのが漁獲物の衛生管理や安全性と維持コストである。木造漁船のFRP化はこれらの課題を改善し、収益向上と安全操業に貢献すると期待される。

アフリカには1960年進出

ヤマハ発動機は1960年に船外機、FRPボートの販売を開始。1970年代からFRPボートの技術を、海外へ提供している。これまでに33か国で技術移転を実施しており、累計で6万5,000隻の建造実績を誇る。

またヤマハ発動機がアフリカビジネスに参入したのは、1960年代から。現在では52か国に販売代理店を展開し、二輪車の製造・販売、マリン製品、発電機、浄水装置などを手がけている。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
ヤマハ発動機株式会社のプレスリリース
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/senegal.html

スポンサードリンク