安倍首相がインドネシアのジョコ・ウィドド大統領と会談

スポンサードリンク

アフリカ諸国に対する三角協力の互恵的連携促進に合意

安倍総理大臣とインドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、アジア・アフリカ会議60周年記念行事開催中の2015年4月22日にジャカルタで会談した。

会談のなかで両首脳は、2015年3月23日に表明された両国間の「戦略的パートナーシップ」を強化するとともに、アフリカ諸国に対する三角協力の互恵的な連携を促進していくことを確認した。

安倍首相がインドネシアのジョコ・ウィドド大統領と会談

連携の促進は、主にこれまでの2国間協力の歴史の中でも特に重要な、母子保健サービスを含む保健、稲作を含む農業、理数科教育を含む教育、産業人材育成の4分野に焦点をあてたものだが、その他の分野においても可能な協力を更に追求する意向を共有した。

「日・インドネシア・パートナーシップ・プログラム(JIPP)」の重要性を再確認

安倍総理は会談で、アジア・アフリカ会議60周年記念行事の主催等も含め、これまでインドネシアが地域と国際社会の安定と繁栄のために積極的に果たしてきた役割を高く評価した。

一方のジョコ大統領は日本のアフリカ開発会議(TICAD)プロセスを通じた対アフリカ開発支援を高く評価し、地域や世界の経済発展のために日本が果たしてきた努力と積極的な貢献を賞賛した。

三角協力の互恵的な連携はこのTICADプロセスの理念と整合的で、かつ同プロセスの下での具体的な協力プログラムと相乗効果を生み出す形で進められる。

また、両国首脳は2003年12月10日に署名された「日・インドネシア・パートナーシップ・プログラム(JIPP)」の重要性を再確認すると同時に、これまでJIPPの下で途上国の社会・経済開発を目的に、日本とインドネシア両国が技術協力を拡大してきたことなども改めて確認した。

<外部リンク>
日・インドネシア共同プレス・リリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000077513.pdf

スポンサードリンク