ヨルダンの企業、環境問題に配慮した本社ビルで内外へアピール

スポンサードリンク

201511301947_ヨルダンの企業、環境問題に配慮した本社ビルで内外へアピール

ヨルダン国内における初めての試み

ヨルダンにおける初めての緑化への取り組みとなり、ヨルダン・グリーン・ビルディング・ガイドに基づくAレベルを適用されるビルとなる。

環境問題を配慮した持続可能な取り組みであり、このような環境問題への取り組みはヨルダン国内で初となる。

年間21万5500キログラムの二酸化炭素が削減可能に

このビルは、2017年までに完成予定であり、10階建てで、8700立方メートルに及ぶ建物になる。

同社のショールームや、研修センター、オフィス、駐車場を兼ね備えたものとなる見込み。

また、電力等を効果的に使用する仕組みや太陽光エネルギー等の再生可能エネルギーを用いるシステムが取り入られている。

これらの環境に配慮したシステムを用いることで、年間21万5500キログラムの二酸化炭素が削減可能になる。

(画像はイザット・マージ・グループの公式サイトより)

<外部リンク>
ZAWYA(プレスリリース)
https://www.zawya.com/

イザット・マージ・グループ
http://www.marji.jo/

スポンサードリンク