持続可能な産業開発、UNIDO事務局長来日を機にセミナー開催

スポンサードリンク

産業開発プログラムを取り上げ

国連工業開発機関(UNIDO)は5月14日(木)、リー・ヨン事務局長の来日にあわせ、国連大学本部にて、「持続可能な産業開発と繁栄の共有」と題して開催UNIDOセミナーを開催する。

同セミナーでは、UNIDOが新たな使命である Inclusive and Sustainable Industrial Development(ISID:包摂的かつ持続可能な産業開発)をどのように実践しようとしているかについて、リー・ヨン事務局長による講演を行う。

また、エチオピア、セネガル両国を対象とした具体的な産業開発プログラムを取り上げ、民間企業やさまざまな関係機関がどのようにこの産業開発に関わり得るのかについての紹介も行うということだ。

持続可能な産業開発、UNIDO事務局長来日を機にセミナー開催

EACでの事業機会について

さらに、東アフリカ共同体(EAC)における事業機会についても取り上げる。

EACは、域内関税の撤廃、対外共通関税の導入、人・モノ・労働・サービス・資本の自由な移動や事業設立の保障などの分野で共通市場化が開始され、域内統合が確実に進展している。

今回のセミナーでは、EACの主要企業の代表者で構成される東アフリカ・ビジネス・カウンシル(EABC)の民間企業代表者が、関税同盟と共通市場化により実際にビジネス環境がどのように変化し、今後どのような可能性があるのかという点について、実例や課題を交えながらパネル討論を行う。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
国連工業開発機関(UNIDO) イベント予定
https://www.unido.or.jp/coming/2015/

スポンサードリンク