UAEでも、ソフトバンクのLTEが利用可能に

スポンサードリンク

UAEでも、LTEが利用可能に!

ソフトバンクは11月9日、アラブ首長国連邦(UAE)で、「LTE国際ローミング」の提供を開始した。通信事業者は、Etisalat。

同時に、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」の適用もスタート。海外でも定額料金で、インターネットやSNSが利用できるようになった。

UAEでも、ソフトバンクのLTEが利用可能に

インターネット料金は1KB、4円

現在、ソフトバンクの「LTE国際ローミング」サービスが利用できる中東・アフリカの国と地域は、次の通り。

中東ではアラブ首長国連邦、イスラエル、カタール、サウジアラビア。アフリカではカナリア諸島、スペイン領北アフリカ、南アフリカ。「海外パケットし放題」も利用できる。

いずれも通話料金は、最初の10KBまでが100円。10KBを超えると1KBにつき、5円の追加料金がかかる。また、ウェブ/Eメール利用料は1KBにつき、4円となっている。

「LTE国際ローミング」は、次世代高速携帯通信規格(LTE)を用いた電話やインターネット接続サービスなどを、他国の事業者と提携し、海外でも日本と同様に利用できるサービス。

(画像は、ソフトバンクのホームページより)

<外部リンク>
ソフトバンクグループ株式会社のお知らせ
http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/

スポンサードリンク