電通、イスラエル「アバガダ・インターネット社」の株式100%取得

スポンサードリンク

電通イージス・ネットワークが買収

株式会社電通は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」が、イスラエルのデジタルエージェンシー 「abaGada Internet Ltd(アバガダ・インターネット社)」の株式100%を取得することで合意したと発表。イスラエルと周辺諸国におけるデジタルサービスの強化・向上を目的とした買収となる。

電通、イスラエル「アバガダ・インターネット社」の株式100%取得

技術・開発力に定評

アバガダ・インターネット社は2010年に設立され、SEOのほか、顧客やユーザーの行動を分析・把握し成果を導き出すデジタル・パフォーマンス・マーケティング領域を中心に、多様なサービスを提供。

イスラエル国内の企業に加え、多国籍企業の顧客向けにヨーロッパ、中東、アフリカなど40カ国で事業を展開している。

イスラエルは技術力と開発力には定評があり、優秀な企業が多数存在する。アバガダ・インターネット社も例外ではなく、電通グループでは、同社を周辺諸国におけるデジタル技術のハブ機能たらんとする期待が高い。

新社名「アイプロスペクト」これまで電通グループはイスラエルにおいて、メディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)を通してサービスを行ってきた。

今回の買収により、アバガダ・インターネット社の社名を、電通グループのグローバルネットワーク・ブランドであるiProspect(アイプロスペクト)に変更。新生アイプロスペクトでは、今後、カラとのメディア・デジタル分野における連携体制をさらに強めていく方針だ。

<外部リンク>
株式会社電通 プレスリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf

アバガダ・インターネット社
http://abagada.com/

スポンサードリンク