日本、マラウイの国際空港ターミナルビル拡張に資金協力

スポンサードリンク

カムズ国際空港ターミナルビル改修にむけて

2015年11月4日、日本はマラウイ共和国に対し、同国の『カムズ国際空港ターミナルビル拡張計画』に36億7500万円を供与限度額とする無償資金協力を行う旨の書簡を交換した。

マラウイの国際空港ターミナルビル拡張に資金協力

書簡の交換はマラウイの首都リロングウェ市において行われ、日本からは西岡周一郎駐マラウイ大使が、マラウイからはゴダール・エドワード・ゴンドウェ財務・経済計画開発大臣が出席した。

経済の活性化目指すマラウイ

マラウイはアフリカ南部に位置し、人口約1636万人を有するイギリス連邦加盟国だ。同国はアフリカにおける最貧国の一つに数えられ、社会基盤の整備も不十分であり問題となっている。

このたび日本が支援を行う『カムズ国際空港ターミナルビル拡張計画』は、同空港のキャパシティ・効率性の向上と安全性の確保を目的とするものである。同空港は現在、旅客ターミナルビルの経年劣化による損傷・設備劣化が問題となっており、将来的な航空需要の増加に対応するためにも改修工事が必要となった。

日本は2013年6月の第5回アフリカ開発会議にいてインフラ分野への6500億円の公的資金投入を表明しており、このたびの支援はその一環となる。同空港の整備が将来的に国家間の人の移動や物流促進に貢献するものと期待される。

(画像は外務省公式サイトより)

<外部リンク>
外務省プレスリリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press

スポンサードリンク