三菱ふそう、南アフリカに中型トラック「FA」を投入

スポンサードリンク

FUSOブランドの重要市場、南アフリカ

三菱ふそうトラック・バスは10月26日、南アフリカの商用車市場に、新たにFUSOブランドの中型トラック「FA」を投入すると発表した。

近年、南アフリカは商用車のニーズが拡大しており、三菱ふそうトラック・バスの戦略的市場の一つとなっている。

三菱ふそうトラック・バスがトラック販売で南アフリカに進出したのは2002年。以来、ダイムラーAGの100%子会社であるMercedes-Benz South Africa Limitedが、現地で販売を担当してきた。

三菱ふそう、南アフリカに中型トラック「FA」を投入

南アフリカでのシェア拡大を狙う

FUSOブランドのトラックは、車両総重量9トンから16トンの中型トラック「FA」、「FI」と、車両総重量または連結車両総重量が25トンから49トンの大型トラック「FJ」、「FO」、「FZ」の5機種で構成されている。

三菱ふそうトラック・バスの取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長であるミヒャエル・カンパー氏は中型トラックの「FA」の販売を開始することについて、
よりお客様に満足頂ける車両を展開することで、南アでの更なるシェア拡大を目指します
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
三菱ふそうトラック・バス株式会社のプレスリリース
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news_content.html

スポンサードリンク