マリンフードがハラール認証取得、イスラム圏へ販路拡大へ

スポンサードリンク

イスラム圏人口の増加で、ハラール認証が注目

食品加工メーカーのマリンフードは10月22日、自社で製造販売する4製品がハラール認証を取得したと発表した。

ハラール認証とは、アルコールや豚肉などの飲食などを禁ずるなどのイスラム教の戒律に則った商品であることを証明するもの。

近年、イスラム圏人口が急増しており、イスラム圏への輸出向け商品や訪日外国人向けの商品を販売するために、ハラール認証を目指す企業が増えている。

マリンフード、ハラール認証を取得しイスラム圏へ販路拡大

チーズとバター加工品でハラール認証

マリンフードでは、ハラール認証を取得するために、原材料の選定や製造工程の見直しなど、約1年をかけて取得条件を満たすための整備に取り組み、今回の認証取得に至った。

ハラール認証を取得した商品は「ミルクを食べるキャンディチーズ プレーン130g」、「ジョリチーズ160g」、「ミルクを食べる乳酪 私の燻製バター」、「ミルクを食べる乳酪バター(有塩)」。昨年11月に2商品、今年9月に2商品と計4商品で認証を取得した。

1社が4商品において日本ハラール協会の認証を取得するのは、乳業業界初となる。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
マリンフード株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/11018.html

マリンフード株式会社
http://www.marinfood.co.jp/

スポンサードリンク