塩野義製薬の“妊産婦と子どもを守るプロジェクト”にWVJが協力

スポンサードリンク

シオノギ製品の売り上げの一部を寄付

ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)は10月15日、塩野義製薬が実施する「Mother to Mother SHIONOGI Project」に協力すると発表した。

「Mother to Mother SHIONOGI Project」は、塩野義製薬が販売する「ポポンS」「ポポンSプラス」の売り上げの一部を寄付し、アフリカの妊産婦と子どもたちの健康に役立てるためのプロジェクトである。

塩野義製薬の“妊産婦と子どもを守るプロジェクト”にWVJが協力

WHOの「World Health Statistics(世界保健統計) 2015」によると、ケニアの妊産婦の死亡率は10万人当たり400人と世界の中でも高く、5歳未満で命を落とす子どもは1,000人当たり71人にものぼる。

ワールド・ビジョン・ジャパンは塩野義製薬からの寄付を、ケニア南西部ナロク県のイララマタク地域での母子保健事業に活用する。具体的には病院の建設、巡回診療などを実施。また、現地政府と連携した医療従事者のトレーニング、地域住民への啓発活動などにも取り組む。

チャイルド・スポンサーシップによる支援事業

ワールド・ビジョン・ジャパンは、困難な状況で生きる子どもたちが健やかに成長できる環境づくりを進めるために、2006年からイララマタク地域において、チャイルド・スポンサーシップによる支援事業をスタートさせた。

チャイルド・スポンサーシップは、子どもの住む地域の教育や保健衛生の向上、水資源の開発、経済開発などの支援を約15年間にわたって実施し、地域が貧困から抜け出せない悪循環を断ち切り、子どもたちの人生を変えていくための試み。一般の人たちから、月々4,500円の支援を受けて実施する。

支援を行う人たちは、子どもたちの成長の様子がわかる写真付きの報告書、チャイルドへの手紙や現地訪問などを通じて、支援する子どもたちとのコミュニケーションや支援状況の確認などが行える。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンのプレスリリース
https://www.worldvision.jp/news/press/20151015.html

スポンサードリンク