南アフリカで、再生可能エネルギーについてのトレーニング提供

スポンサードリンク

再生可能エネルギーについてのトレーニングを開催

イギリスに本拠地を置くエスピーインテリジェント(以下、Spintelligent)は10月8日、再生可能エネルギーの利用について、10月29日~30日の日程で南アフリカのヨハネスブルグでトレーニングを行うことを発表した。

これは、株主や企業幹部等を対象に行われるもの。

南アフリカで、再生可能エネルギーについての教育提供

意思決定を行う株主や企業の幹部を主に対象

主催者であるSpintelligentの目的は、このトレーニングを通して、企業の意思決定に重要となる株主等が再生可能エネルギーについて学び、人的なネットワークを構築する機会を生み出すことである。

株主や企業の幹部は、知識を共有し、必要な情報にアクセスする機会を提供することが求められている。それにより地域の発展へと繋がり、また、再生可能エネルギーの分野においても前進するとみられる。

変化が著しい再生可能エネルギーセクター

再生可能エネルギーの分野は、技術の進化が著しいだけでなく、政治的な影響も大きい。また、再生可能エネルギーを実施するにあたり、必要となるものやリスクにも変動がある。

同セミナーを開催するSwanepoel氏は、
再生可能エネルギーに大きなポテンシャルがあることは、昨今の動向やニュースで周知の事実だ。だが、正しい戦略を持たなければ、導入したとしても失敗することとなる。(プレスリリースより引用)と語った。

(画像はエスピーインテリジェントの公式サイトより)

<外部リンク>
Spintelligentのプレスリリース(ZAWYA)
https://www.zawya.com/

エスピーインテリジェント
http://www.spintelligent-training.com/

スポンサードリンク