ナイジェリアの港湾整備事業、最終段階へ

スポンサードリンク

ナイジェリア、湾岸の整備を行い、貿易事業を強化

アフリカ、ナイジェリアの港湾当局であるナイジェリアン・ポーツ・オーソリティーは、10月8日、以前より行ってきた港の整備が最終段階になったことを発表した。

この整備事業を行うことで、ナイジェリアにおける輸出産業の発展が期待される。

ナイジェリアの港が生まれ変わる!

25年に及ぶ整備事業が、最終局面にこれは、ナイジェリアにおける25年に及ぶ湾岸整備計画がほぼ完了し、最終整備段階に入ったもの。

港の利用者だけでなく、輸入や輸出に関わる利用に向けて整えてきた。

ナイジェリアの経済発展のためには港の整備が必須

以前より、更なる経済発展を行う為には、港の整備は必要不可欠なものであった。

ナイジェリアは、現在の輸入に頼った貿易から輸出へ方向転換をすることを求められている。

当湾岸整備プロジェクトの管理責任者であるモハメド氏は、次のように語る。世界の国際貿易港の80%以上は、インフラ設備が非常に整っており、インフラ以外の設備も充実している。ターミナル設備、貨物や荷物の輸送システムなどの整備は、貿易をはじめとする経済発展に必要なものである。(プレスリリースより引用)

(画像はナイジェリアン・ポーツ・オーソリティーの公式サイトより)

<外部リンク>
ZAWYA
https://www.zawya.com/

ナイジェリアン・ポーツ・オーソリティー
http://www.nigerianports.org/

スポンサードリンク