多国籍企業が注目のオマーンに3Mが進出。ビジネス戦略は?

スポンサードリンク

3M、オマーンを拠点にし中東進出することを発表

科学的な観点から商品を開発し販売するグローバル企業のスリーエム(以下、3M)は、10月6日、オマーンを拠点にペルシャ湾一帯を対象とした営業展開をしていくことを発表した。

新しいオフィスは、170平方メートルに及ぶ広大な敷地を拠点に、同社が開発する製品を顧客へ届ける。

多国籍企業が注目のオマーン、3M進出決定。ビジネス戦略は?

広範囲の分野における商品を扱う3M

3Mは顧客のニーズに沿ったビジネス、電気、エネルギー、ヘルスケア、産業機械、グラフィック、安全に関する分野等、10万以上の製品を取り扱う。

また、46の技術のプラットフォームも持ち、製品開発も強化している。

オマーンにおいては、第一に、ヘルスケア、オイル、ガス、インフラの整備、小売りの分野へ特化し、オマーンの市場と顧客の満足度を上げる。

3Mのエリアマネジャーのボロヒディス氏は次のように語る。
オマーンは、中東のペルシャ湾岸に位置し、経済は成長している。投資に関しても、公的なものだけでなく、個人による投資も伸びており、石油等の資源に頼らない経済成長が見込める。(プレスリリースより引用)

オマーンは経済成長が著しく、世界通貨基金によると、石油産業に関連しない経済成長率は2014年度の2分野において6.5%の成長を遂げている。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
ZAWYA
https://www.zawya.com/

スリーエム
http://www.3m.com/

スポンサードリンク