西村国土交通副大臣、南アフリカとUAEを訪問

スポンサードリンク

南アフリカには防災分野で協力

国土交通省は10月6日、西村国土交通副大臣の海外出張について、概要を発表した。副大臣は9月28日から10月2日まで、南アフリカ及びアラブ首長国連邦(UAE)を訪れ、両国の政府要人と会談を行っている。

9月30日に行われた南アフリカでの会談では、ゴーダン南ア協調統治・伝統業務大臣から、防災管理、地方自治、老朽化したインフラ対策などの課題解決につき、日本からの協力に期待する旨の発言があった。

西村国土交通副大臣、南アフリカとUAEを訪問

UAEのメトロ延長プロジェクトに日本企業をPR

10月1日は、UAEのターイルドバイ道路交通庁長官との会談が行われた。西村副大臣は、2020年に予定されているエキスポ開催に向けて、会場までのメトロ延長プロジェクトに関するトップセールスを行った。

ターイル長官は、日本企業4社とトルコの1社による共同企業体が開発を請け負った「ドバイメトロ」について、近隣諸国からも高い評価を得ていると述べ、交通分野における大規模プロジェクトを通じて、両国間の関係を深めたいとの期待が示された。

また、9月29日には、人道支援に関するNGO「レスキューサウスアフリカ」を視察。西村副大臣はパテルプロジェクトマネージャーに対し、東日本大震災時の精力的な援助活動に感謝を述べ、両者はJICAの支援などを通じて、今後も関係を深めていくことで一致した。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
国土交通省のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/common/001105872.pdf

スポンサードリンク