フルーア、南アフリカのサソールの石油・ガスプロジェクトパートナーに

スポンサードリンク

フルーアとサソールが業務提携

米国の建設会社フルーア・コーポレーションは現地時間9月28日、南アフリカのサソールリミテッド社(Sasol Limited)傘下のサソールテクノロジー社(Sasol Technology Pty Limited)と、プロジェクト開発に関する3年契約を締結したと発表した。

今後、南アフリカのセツンダとサソルバーグにおいて、サソールと共同で小中規模の石油およびガスプロジェクトの開発に取り組む。調査手法から設計、資材調達、建設管理までを請け負い、現場の業務を通じてこれらの情報や技術をサソールのスタッフと共有するという。

フルーアは1960年代にサソールから、初のプロジェクトを受注。その後、1975年に管理請負業者に指名された。以降、数多くのプロジェクトに携わってきた。

フルーア、南アフリカのサソールのプロジェクトパートナーに

南アフリカでの記念碑的プロジェクト

フルーア・コーポレーションは、米国テキサス州アービングを拠点とする、国際的な設計・建設企業。4万人以上の従業員を擁し、フォーチュン500企業では136位にランクインしている。

フルーアの欧州・アフリカ・中東エネルギー&ケミカル事業ライン担当プレジデントのTaco de Haan氏は、今回の契約締結について
今回の契約は半世紀以上にわたって成功を収めてきた提携関係に新たな歴史を加えるもので、南アフリカにおける記念碑的プロジェクトも幾つか含んでいます。
(プレスリリースより引用)

と述べ、サソールのパートナーとして一連のプロジェクトに取り組み、資本効率の最大化を果たすと語った。

(画像は、フルーアのホームページより)

<外部リンク>
Fluor Corporationのニュースリリース
http://newsroom.fluor.com/press-release/company/

スポンサードリンク