アルジェリアにおけるオイル・ガス分野についての最新レポート

スポンサードリンク

アルジェリアにおけるオイル・ガスセクターの最新レポートが発表

イギリスの調査会社であるエネジー・ボードルーム社は、9月29日、アルジェリアにおけるオイル・ガスセクターの最新レポートを発表した。

アルジェリアは、炭化水素の主要な産出国の1つであり、主にヨーロッパに輸出している。

今後12年間において、天然ガス・オイルの産出と比例し、経済成長が期待される。

アルジェリアにおけるオイル・ガス分野についての最新レポート

今後、経済成長が見込まれるアルジェリア

当レポートによると、アルジェリアは、GDPが4%の成長が予測されている。

各種関連企業、株主、投資家はアルジェリアの未来に大変興味を持っている。

また、アルジェリアの国営石油会社ソナトラツク社が、著しい成長を見せている。

経営陣が変わり石油採掘の拡大と開発について900億の投資計画が持ち上がっている。

アルジェリア国内における天然ガスの消費も増加する

アルジェリア国内における天然ガスの消費量も増加傾向にある。

プレスリリースによると、アルジェリア国内における天然ガスの消費量は、2013年において1.18tcfだったものが、2023年には、1.72tcfになるとの予測されている。(tcfは天然ガス量を表す容積単位)

(画像はエネジー・ボードルーム社の公式サイトより)

<外部リンク>
EIN News
http://world.einnews.com/

エネジー・ボードルーム
http://www.energyboardroom.com/

スポンサードリンク