新しい生体認証システム、南アフリカの銀行がファーストユーザー

スポンサードリンク

クレジットカード会社大手のビザ社、新しい生体認証システムを発表

クレジットカード会社大手のビザ社は、9月23日、新しく生体認証システムを用いたクレジットカード処理システムを発表した。

この新システムは、掌、声、瞳孔、顔の輪郭で個人を識別する。

新しい生体認証システム、南アフリカの銀行がファーストユーザーに!

他のクレジットカードだけでなく、今後はグローバル展開を視野に

この認証システムは、ユーロペイ(Europay)、マスターカード(MasterCard)、ビザ(Visa)のICチップにおいて使用することが可能。

今後は、グローバル規模で当システムを展開する予定だ。

バークレイズ・アフリカ・グループの子会社である南アフリカのアブサ銀行は、この新しい生体認証システムを採用するファーストユーザーになる予定だ。

各種金融サービスの処理時に、指紋認証システムを用いる。

同行の最高経営責任者であるコワック氏は次のように語る。
生体認証システムの重要性は高まっており、顧客との関係において良い影響をもたらす。(プレスリリースより引用)

プレスリリースによると、南アフリカだけでなく、他の発展途上国も、生体認証システムに大変興味を持っているとのこと。

(画像はアブサ銀行の公式サイトより)

<外部リンク>
Mypress portal
http://pressportal.co.za/business-and-economy/

アブサ銀行
http://www.absa.co.za/

スポンサードリンク