アフリカに史上初の日本企業名プロサッカーチーム誕生 

スポンサードリンク

マラウイのプロサッカーチームとスポンサー契約

中古車・自動車部品の販売、輸出入を行うビィ・フォアードは3月22日、マラウイのプロサッカーチーム、ワンダラーズとオフィシャルスポンサー契約を締結したと発表した。

アフリカに史上初の日本企業名プロサッカーチーム誕生

同日、マラウイ・ブランタイヤで契約の調印式が行われた。この契約によって、サッカーチームの名称は、マイティ ワンダラーズから、ビィ・フォアード ワンダラーズへと名称変更した。これにより、アフリカにおいて史上初となる日本の企業名が入ったサッカーチームが誕生した。

契約期間は2015年シーズンの1年契約であるが、契約は毎年の自動更新が行われる長期契約が前提となっており、同社は、サッカーを通じ、同国の継続的な支援を行う。

マラウイでは、サッカーは国民的スポーツ

マラウイは、アフリカ南部に位置する内陸国である。面積は約11万8000km2で北海道と九州を合わせた大きさだが、国土の2割を湖が占める。また、人口は約1320万人(2008年)で、東京都の人口と同程度である。また、マラウイでは、サッカーが国民的なスポーツとなっている。

ビィ・フォアード、アフリカに日本企業参入の余地を見いだす

ビィ・フォアードの中古車輸出先は、アフリカ諸国をはじめとして、南北アメリカ、東南アジアなど多岐にわたる。また、同社は、アフリカの経済成長の高さと人口増加率の高さから日本企業参入の余地があると見込んでおり、アフリカ進出支援サービスも行っている。

そのような経緯もあり、同社はルーベン・ングウェンヤ駐日マラウイ特命全権大使からの提案により、昨年9月、日本とマラウイの友好や親善を目的とした「ビィ・フォアードカップ」を開催した。それをきっかけとして、同国のサッカー協会からスポンサー契約の要請を受け、今回の契約に至った。

同社は、ビィ・フォアード ワンダラーズをサポートすることによって、地域の活性化に力を入れるほか、チーム主催の少年サッカー教室を実施することで、マラウイの子供たちに夢や希望を与えられるチーム作りを目指す方針である。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
ビィ・フォアード(プレスリリース)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/

ビィ・フォアード(ホームページ)
http://corporate.beforward.jp/company/

駐日マラウイ共和国大使館公式ホームページ
http://www.malawiembassy.org/jp/about/index.html

スポンサードリンク