アフリカの民間セクター支援融資を決定

スポンサードリンク

6回目となるアフリカ民間セクター支援融資

2015年9月9日、日本外務省はアフリカ開発銀行(AfDB)との間に総額358億8000万円を限度とする円借款『アフリカの民間セクター開発のための共同イニシアティブの下での民間セクター支援融資』に関する書簡の交換について発表した。

アフリカの民間セクター支援融資を決定

書簡の交換は同発表の前日となる9月8日、コートジボワール共和国首都アビジャンにおいて、川村裕駐コートジボワール大使とアキンウミ・アデナシ・アフリカ開発銀行総裁との間で行われた。

アフリカとの良好な関係を築く

同施策は2005年のG8サミットにおいて日本とAfDBが発表したアフリカ支援の一環で、、今回の供与は2006年度以降6回目となり、総融資額は約2412億円にのぼる。

外務省は供与条件について金利年0.55%、償還期間40年(10年の据え置き期間含む)、一般アンタイド(調達先を制限しない)としている。

日本ではアフリカ地域に対する2015年度開発協力重点方針として、国際テロ対策の強化及び地域安定化、ビジネス・投資環境整備、資源エネルギー開発促進等を掲げている。

外務省は同支援について、アフリカにおける経済成長・貧困削減に寄与するものであるとしている。アフリカ民間セクターの開発は、アフリカの発展のみならず、将来的には日本企業進出のための投資環境改善にも貢献するものと期待されている。

(画像は外務省公式サイトより)

<外部リンク>
外務省 ニュースリリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press

スポンサードリンク