阪急阪神エクスプレスがエチオピア研修生のインターンシップを実施

スポンサードリンク

JICA「ABEイニシアティブ」でエチオピアの研修生受け入れ

阪急阪神エクスプレスは9月4日、JICA(独立行政法人 国際協力機構)が主催するアフリカ研修生インターンシッププログラム「ABEイニシアティブ」に参加したと発表した。

「ABEイニシアティブ」のABEはAfrican Business Education Initiative for Youthの略で、アフリカの若者を対象に産業人材を育成するための就業体験プログラム。2014年度から実施している。

阪急阪神エクスプレスは昨年4月に南アフリカに駐在員事務所を開設したこともあり、「ABEイニシアティブ」に2年連続で参加。アフリカでの事業展開の活性化に資する人材の育成及び、ヒューマンネットワークの構築を目指す方針を掲げている。

阪急阪神エクスプレスがエチオピア研修生のインターンシップを実施

日本とエチオピア両国間の貿易促進をテーマに研修

研修生の受け入れは、8月24日から一週間にわたって行われ、エチオピアから2名が参加した。

今回の研修テーマは「日本とエチオピア両国間の貿易促進の為の課題と解決策」とし、研修生はテーマに関して事前に仮説を考察。

実際の研修では講義や通関研修、倉庫でのロジスティック研修などを通じて仮説を検証し、最終的な結論を研修生と阪急阪神エクスプレスが共有した。

(画像はニュースリリースより)

<外部リンク>
株式会社阪急阪神エクスプレスのニュースリリース
http://www.hh-express.com/jp/site/news.pdf

スポンサードリンク