UAE、サスティナビリティを追求した最初のインターチェンジを建設

スポンサードリンク

14ヘクタールに及ぶインターチェンジの建設工程が終了

アラブ首長国連邦の道路交通局は、8月30日、ビジネス・ベイに直結する最初のインターチェンジの建設工程を終了したことを発表した。その面積は、14ヘクタールに及ぶ。

これは、現在進められている「シェイク・ザード・ロード・プロジェクト」の一部。

UAE、持続可能性を追求した最初のインターチェンジを建設

環境問題に配慮し、持続可能性を追求した道路

この道路の設計に関しては、環境問題に配慮し、持続可能性を追究したものとなっている。

定期的なメンテナンスが必要となる道路の街灯や、道路沿いの草木のための土壌作り、また灌漑設備等の整備工事も行った。

また、道路上にある歩行者用のサインや車用の標識についても整備が完了した。

機能性に優れ、コストを抑えながら、豪華で目立つ町並みを目標に

道路交通局によると、この建設プロジェクトにおいては、豪華で目立つ景色をもつ街並みを作ることに注力している。

道路交通局のディレクターは次のように語る。
機能的に優れ、コストを抑えながら、安全な道路を利用者に提供するために、様々な工夫を施した。持続可能性というコンセプトのもと、利用者の安全性とスムーズな交通を目標に建設を進めた。(プレスリリースより引用)

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
アラブ首長国連邦道路交通局 ニュースリリース
https://www.rta.ae/

スポンサードリンク