中部電力がアフリカ南部の電力問題調査を受託

スポンサードリンク

「南部アフリカパワープール情報収集・確認調査」

中部電力株式会社は、8月27日、独立行政法人国際協力機構から「南部アフリカパワープール情報収集・確認調査」を受託したことを発表した。

これは、2015年8月から2016年7月までの12ヶ月にわたり、アフリカ南部地区を対象に、事業効果の高い電力インフラ整備計画を検討するもの。

中部電力、アフリカ南部における電力問題解決のため、調査始動!

現時点で計画中もしくは実行中の電源開発計画の整理を行う

電源開発計画等に関して、各国や関係機関が計画中または実行中の情報を収集、分析、また整理を行う。また、日本企業の技術を活用していく。

アフリカ南部と位置づけられる今回の調査対象地区は、南アフリカ共和国、タンザニア連合共和国、アンゴラ共和国、ザンビア共和国、コンゴ民主共和国、モザンビーク共和国、ジンバブエ共和国、ナミビア共和国、ボツワナ共和国である。

アフリカ南部における電力供給に関する課題の解決が目標

南アフリカでは、電力不足が課題となっており、計画停電が実施されている状況だ。

同国は、アフリカ南部における最大の電力需要国であり、エネルギー資源は保有しているものの、十分に活用できていない。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
中部電力 プレスリリース
https://www.chuden.co.jp/

スポンサードリンク