アンゴラ共和国、2015年アフリカン・コーカス会議のホスト国に

スポンサードリンク

2015年アフリカン・コーカス会議が、8月27~28日の日程で開催

アンゴラ共和国は、8月20日、2015年アフリカン・コーカスのホスト国として会議を開催することを発表した。

この会議は、アフリカ大陸の国々における社会や経済の開発について話し合うことを目的としたもの。

8月27~28日の日程で、首都ルワンダにて開催される予定だ。

アンゴラ共和国、2015年アフリカン・コーカス会議のホスト国に

国際機関やアフリカ地域54カ国から代表が参加

この会議には、アフリカ大陸から54カ国の官僚や財務省の職員が参加する。また、国際機関からは、世界銀行グループ傘下の機関、国際通貨基金、アフリカ開発銀行の代表者が出席する。

開催場所は、ルアンダの中心地近くに位置するタラトナ・コンベンションセンターで行われる。

アフリカン・コーカスとは?アフリカン・コーカスとは、世界銀行グループと国際通貨基金によって1963年に設立された。アフリカの国々の声明をとりまとめ、表明することを目的としている。

主に、アフリカ地域の社会や経済の開発に関する事を取り扱う。

(画像はアフリカン・コーカスの公式サイトより)

<外部リンク>
アフリカン・コーカス
http://www.africancaucus.org/

スター・アフリカ ニュースリリース
http://en.starafrica.com/

スポンサードリンク