北アフリカ地域のインフラ整備に向けたサミット開催

スポンサードリンク

北アフリカ地域のインフラ整備目指す

2015年8月13日、エジプト運輸省の後援のもと『北アフリカ運輸サミット(The Future North African Transportation Summit)』の開催が発表された。

北アフリカ地域のインフラ整備に向けたサミット開催

サミットは9月7日から9日の3日間にわたり、カイロのインターコンチネンタル・クリスタルズ・ホテルにモロッコ、チュニジア、アルジェリア、エジプトの各代表が集まり行われる。

同地域は増大する人口と投資される金額に比して未だ交通をはじめとした各種インフラの整備が十分でないとされてきた。

予想される北アフリカ地域への投資の増大

サミットでは同地域における今後の交通網構築について話し合いが行われる。さらに構築後のインフラ維持施策、現代的な信号システムへの投資及び環境にも配慮したマルチモーダル交通の開発による安全施策も注目される。

議長のモハメド・エル・マハゴブ氏は「北アフリカ地域の各政府は、同地域における交通インフラ整備及び経済基盤の成長が密接にかかわっていること、そして各国が同分野における投資の急増に注目していることを理解しています。」(北アフリカ運輸サミット プレスリリースより)と述べる。

同巨大プロジェクトは、将来的に、エジプトをはじめとした関係各国における投資を活発化させることになると予想される。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
北アフリカ運輸サミット プレスリリース
http://www.einpresswire.com/article/280918890/

北アフリカ運輸サミット公式サイト
http://www.futuretransportationsummit.com/news

スポンサードリンク